Pythonといえば、機械学習やデータ分析のようにいかにも難しい言語のようなイメージがあり、なかなか普通の人では触れる機会がないような印象を受けます。

普段利用しているサービスの中にも実は、このプログラムを使ったものがたくさん存在しています。

また、日常のちょっとした作業の自動化なども可能にしてくれるのが、Pythonというプログラムなんです。

Pythonはどんな言語なのか?

Pythonは日本で人気急上昇中のプログラミング言語です。ですが、Pythonが誕生したのは1991年と実はとても歴史の古い言語になっています。

この言語を開発した人物は、グイド・ヴァンロッサムという方で、オランダやアメリカの研究機関で働いていた人だそうです。

Pythonプログラムは、誰にでもわかりやすくて書きやすいプログラミング言語を目指して作られました。

Pythonを覚えるとできること

そんな古いプログラミング言語であるPythonが近年日本で人気になっている理由は、【人工知能(機械学習)】・【ビッグデータ分析】・【ビットコイン】といった技術に使われているからです。

もちろんそこまでの技術を習得するためにはそれ相応の時間と労力が必要となりますが、Pythonを応用していけばそういった技術にも使うことができるようになります。

もう少し身近な規模で話をすると、WebアプリなどもPythonで作られているものが数多くあります。例えば、Google検索、TwitterやFacebookなども、このプログラムが使用されているのです。

ちなみにWebアプリとは、Webブラウザを通してユーザーが操作することが可能なWebサイトのことを言います。

Pythonは読みやすい

先ほどPythonプログラミングが開発された理由(誰にでもわかりやすくて書きやすい)について触れましたが、やはりこれがこのプログラムの一番の特徴であり魅力となります。

誰が書いても同じような構造になり易かったり、()や{}などの記号が少ないので、どういう意味を持っているのかを第三者が見てもわかりやすくなっています。